京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2007年10月13日

朱雀

元々京都の大内裏の真ん中の南門が朱雀門で、そこから羅生門まで一直線に伸びたのが、都の中心を走った「朱雀大路」。南の守り神。南には、巨大な池が求められていたため、巨大な「巨鯨池」は、まさに南のシンボルがった。城南宮が、南の守り神とされ、現在も平安時代の再現が、祭り・行事に残されている。
 そんな京の町が、「巨鯨池」を干拓してよかったのだろうか?
近年、伏見と一体となって様々な「水の都伏見」の再発見プロジェクトがスタートしている。
 人が、自然を帰られると思うのは、大変な驕り高ぶりである。


同じカテゴリー(神々の章 偉鑒の章 第7章)の記事
 白虎 (2007-10-13 00:33)
 青龍 (2007-10-13 00:12)
 玄武 (2007-10-09 21:24)

Posted by AKIYUKI KOYAMA at 00:23│Comments(0)神々の章 偉鑒の章 第7章
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。