京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2007年10月09日

シャチホコのある門

平安京の都の内裏に、シャチホコのついた門があった。
播磨国の建部氏の手によって作られた、待賢門である。
通常の、車寄せでもあったこの門に「手車」で駆けつけて、一部の特権階級以外は、ここで車を降りたそうだ。



Posted by AKIYUKI KOYAMA at 22:12│Comments(0)名建築の都 待賢の章 弟11章
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。