京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2007年08月02日

京都は世界の食の都

京都が、世界の食の都になるのは、ある意味当然の結果である。
京都は、日本文化や学術・先端技術などの様々な研究機関が無数に存在し、ほぼ全世界から留学生や研究生、研究者が来訪したり滞在している。多い国で1万人ぐらい日々滞在しているそうで、逆にめずらしい日本7人しか滞在者のいない国のうち4人が京都にいるときいて驚いた。年間膨大な外交からの来訪者があり、中には京都が気に入り、時に京都で日本人と出会って結婚したりいろんな理由で、京都に定住して、自宅は、京都の母国を結ぶ交流の場になり、やがてその中でお店を持つ人は少なくない。彼らにとって、店は、母国文化を紹介する場でもあり、生活の場でもある。同様に日本人でも海外に行って、自分の好きになった国にこだわり、やがて店になっていくケースも少なくない。
すばらしいのは、京都に世界のほとんどすべての国のどこかに興味を持ったり、こだわっている人が、住んでいる事実。世界のどこから来ても、この町には、あなたの国や街や文化に惹かれているひとが、いますよ!行けば、家に帰った安らぎを感じる場がありますよ!
それは、京都が、日本の様々な伝統や文化を大切に守りついで来た街だから。


同じカテゴリー(食の都 皇嘉の章 第1章)の記事
 京都の食の物流拠点 (2007-08-02 21:55)
 世界の食は京都から (2007-04-14 00:36)

Posted by AKIYUKI KOYAMA at 22:09 │食の都 皇嘉の章 第1章
この記事へのトラックバック
初めてブログをやりはじめましのでよろしくね!
代理出産【代理出産】at 2007年08月03日 07:55