京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年06月08日

京都の中の東京

平安京が作られたとき、舟岡山を中心に右京・左京が作られた事は、これまでにも述べてきた。
残念ながら、この平安京の全体計画は、完成されないまま、右京は宅地化しきれないまま畑などになって、左京に都の中心が移っていった。
これは、治水がまだまだ完全ではなかった為に、東の左京より地盤が低い右京が、増水などのときに一般の民家が水没し、少しじばんが高く、元々湿地帯や鴨川などを、治水によって、周囲が宅地化できた結果、都の中心が東に移っていったようだ。このあたりの事情は、「アスニー」の平安京を学ぶ様々な取り組みでも紹介されている。ところで、中心部は、西が西京「にしのきょう」で東京「ひがしのきょう」が中心になっていったために、都も中心は、「東京」に移ったともいえる。後に治水が進み、今日独立していた伏見市や山科・洛西・京北が合流して、京都も拡大しているが、最初の都市計画の中で、中心となったのは、京都の中の東京という面白い結果になっている。  


Posted by AKIYUKI KOYAMA at 23:19水の都 藻壁の章 第3章

2007年06月01日

秦氏加茂氏連合と出雲氏

秦氏の松尾大社と加茂氏の両賀茂神社は、平安京が開かれた事によって、官幣大社となったが、
下鴨神社は、もともと出雲氏の勢力圏にあったもの。やがてこの地も加茂氏ゆかりとなるが、
太秦から嵐山一帯に勢力を張っていた秦氏と鴨川の水の要衝を制した加茂氏。
この頃は、水を支配することが大きな意味があったのだが、松尾大社は、美酒を作る霊験ある土地。
全国から信仰を集めてかなりになる。平安京大内裏内の『造酒司』の礎石跡が発掘され、
その跡は、「京都アスニー」の入り口前に石で記録されている。  


Posted by AKIYUKI KOYAMA at 01:07水の都 藻壁の章 第3章

2007年05月31日

平安京は、松尾大社から

京に都を作るとき、船岡山からみて朱雀大路が決められたが、
まず最初に守り神として松尾大社、続いて平野神社など造営されるのですが、
『松尾大社』は、もともと秦氏の氏神として祭られていたもので、
701年文武天皇が社殿を開かれ、賀茂両社とともに皇城鎮護の守り神として祭られています。

船岡山の名水が、霊泉『亀の井』が、延命の最高の美酒を生んだ事から
全国の酒造業者の守り神としても信仰されており、社内には、全国の酒造家が奉納された
酒樽が飾られ、お酒の資料館もあります。
社内は、季節によってさまざまな花・景色が楽しめますが、亥の日は、「月読神社」が安産祈願の日。
また、1日参りには、御粥のお下がりがいただけます。

http://www1.neweb.ne.jp/wa/matsuo/  


Posted by AKIYUKI KOYAMA at 13:35水の都 藻壁の章 第3章

2007年05月02日

水はどこに流れる?

ある巨大ホテルが建設されたとき、周辺の建物にネズミが異常発生した。
実は、地下水脈の一部が遮断された為に、地下水脈の一部が空洞化されて
ネズミの住みかになった為だそうだ。

京都の地下水脈は、本来それぐらいの工事で遮断されるよりもっと深い所を流れている。
そこで、基本命題。「地下水脈はどこを流れているのでしょうか?」
答えは、川と同じ。岩盤の上も考えられるが、基本的には、水は粘土層の上を流れているのです。
田んぼも川も、砂漠の上には作れません。水が流れる為には、巨大な岩盤か?
有機物を含んだ水の治水で、地下に粘土層か岩盤の上か?平安京の都は多くが湿地帯でした。
湿地帯には水脈がある。

しかし、それ以上に粘土層があります。粘土層があるから田んぼに水がはれる。
つまり、京都は治水に恵まれた条件も持っていたのです。
加茂川他、京の川は、治水によってルートを変更しています。
これって、ただ堤だけ動かせば済む問題ではありません。
川の下が砂地なら地中にしみこみます。

京の地下水脈が、見直される時代です。  


Posted by AKIYUKI KOYAMA at 01:21水の都 藻壁の章 第3章

2007年04月28日

京都のみやこを育てた治水技術

京都に平安京の都ができた頃、東の方は湿地帯だった。
徐々に干拓されて都は東へ広がった。
現在の桂川も鴨川の治水の結果だ。近年には、更に角倉了以によって、高瀬川が開かれ、荷物の運搬に利用された。元々、枚方までは、大阪湾の船が、「くらわんか船」の名が残る辺りまで海運が盛んであった。更に琵琶湖からの疎水・インクラインの整備。私たちは今、南禅寺・哲学の道。白川・高瀬川など京都の街中にたくさんの水との調和した風景や生活を楽しむ事ができる。
その一つ一つに様々な苦労と知恵の結晶があった事を忘れてはならない。蹴上の浄水場の一角につくられた資料館。一之船入りのや伏見の港の再現。忘れられていた水の都の歴史が再認識されようとしている。水を失った堀川に水を取り戻す計画。「みたらし祭り」や「三船祭り」「御香宮の祭礼」などで、水の都を再認識してみんなで保存のあり方を考えてみよう。
「神泉苑」にみやこびとは、何を想ったのだろうかと。「大沢の池」「広沢の池」水文化は、京都の誇りです。  


Posted by AKIYUKI KOYAMA at 00:41水の都 藻壁の章 第3章

2007年04月28日

京都の地下水が名水なのはなぜ?

御所の鬼門と呼ばれた「梨乃木神社」には、いつも行列ができている。
大文字に登る途中にも有名な名水が、
貴船や清滝に行く途中にも、
御香宮・清水・伏見・京都には名水が湧き出る場所が山ほどある。

名水が、京料理・豆腐・京野菜・酒・そして京友禅など京都の文化を生んできた。
豊富な水脈は近年の調査でも、鉄分など不純物の少ない軟水である事が証明されている。
この水の性質が、琵琶湖の水脈を利用し、治水の技術で取り入れた水資源と2つの水質の
水資源を持つ事で、更なる豊かな文化を育んだのではないだろうか。  


Posted by AKIYUKI KOYAMA at 00:25水の都 藻壁の章 第3章

2007年04月24日

伏見の水資源と水フォーラム

大阪・滋賀と組んで、京都の為のブログをスタートしました。
  


Posted by AKIYUKI KOYAMA at 22:30水の都 藻壁の章 第3章

2007年04月23日

京都の地下水脈と酒・豆腐・和食文化

京都は、滋賀に匹敵するほどの水脈が地下を流れている。

元々、京都と滋賀は比良山系の豊かな水脈を共有しており、
京都府はまさに京都の都の水脈そのもの。
銘酒を生んだ伏見は、元々伏水と書かれ、その名水を使って弥生時代の米文化が伝わった頃から、
酒造りが行われていました。http://www.fushimi.or.jp/5_mamejiten/index.html
京都の旧市内も豆腐を始め、地下水脈を利用して造り酒屋も作られてきました。
サントリーがウイスキーを造るにあたり、大山崎を選んだのも西山の水脈を利用したもので、
北に広がる水源が、平安京の都を開く頃は、特に東や南は湿地帯でした。私が子供の頃は、
伏見にもたくさん池があったと記憶していますし、船岡山から真南に朱雀大路を開いた頃から、
徐々に東が様々な土木技術の導入によって宅地化し、都は東に移動して拡大していったわけ
ですが、近年、大阪・滋賀と組んで、「水フォーラム」を開いて共通の水脈を持つ3都市が
協力していく流れができてきました。  


Posted by AKIYUKI KOYAMA at 23:29水の都 藻壁の章 第3章